前回の記事で先出しで書いていた狙い通りの展開でドル円はショートエントリーしています!! 前回の記事を見て頂いた方は容易にショートで取れたのではないかなと思います! そこから一度下落して先週の相場は終了しましたね。 来週はショートの利益確定を見ながら次の戦略を打っていきたいと思います。 ドル円についての明日以降の相場分析をしましたので noteでのパスワードを入力してご覧ください。

会員さま限定

パスワードを入力して下さい

今ならXMで取引を開始すればボーナスが貰えます。口座開設で3000円+入金ボーナスも高額になっています。 こちらが僕が使っている海外FXの口座です。 こちらから口座開設して合計1lotトレードしていただいた方限定で僕の手法などについて公開します。水平線を用いたトレード手法とサイクル理論を用いたトレード手法をお渡しさせていただきます。 口座開設及び合計1lotのトレードが完了した方は、お問い合わせ欄もしくは、当ブログプロフィール欄から私のTwitterにDMで、XMの口座IDをご連絡下さい。宜しくお願い致します。 人数を限定するかもしれないのでお早めにどうぞ。 サイクル理論におけるローソク足の本数 ・4Hサイクル → 60〜80本 ・メジャーサイクル(日足) → 35〜45本 ・プライマリーサイクル(週足) → 24〜35本 サイクル理論においては、上記の本数で底をつける確率が80%です。 残りの20%は上記のサイクルの本数より短縮したり、又は延びたりします。 また、週足や日足などの大きな足で底をつける時間帯になると4Hサイクルは短縮したり延長しやすくなります。 80%というのはかなり高い確率なので、それを用いる事で勝てる確率が高まり、底や天井からトレードする事が可能になります。 相場では必ず「底(ボトム)」をつけ、その後「天井(トップ)」をつけ、再度「底(ボトム)」をつけます。 そして、これが連続的に起こり、「底」→「天井」→「底」→「天井」→「底」のようなかたちで相場は動いていきます。 また、サイクルのパターンは2種類存在し、それぞれライトトランスレーションとレフトトランスレーションがあります。 ライトトランスレーションは、サイクルのスタート地点よりも高い位置でサイクルが終了します。基本的には、サイクルの半分より右側でトップをつけることが多いです。しかし、必ずサイクルの右側でトップをつけるわけではありません。 レフトトランスレーションは、サイクルスタート地点よりも低い位置でサイクルが終了します。基本的には、サイクルの半分より左側でトップをつけることが多いです。しかし、必ずサイクルの左側でトップをつけるわけではありません。 最後までご覧いただきありがとうございます。 にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替・FXランキングもしよければ応援ボタンポチっとお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事