ダウ理論とは、アメリカの証券アナリストであったチャールズ・ダウ氏が提唱したものです。 ダウ理論はFXや株式などの市場での値動きを評価するための理論であり、最も重要なテクニカルの一つです。 ダウ理論には、以下の6つの基本法則が提唱されています。 1.平均は全ての事象を織り込む FXの売買判断となる分析方法として、ファンダメンタル分析テクニカル分析の2種類があるが、これらや市場参加者の心理も全て含めて、チャートの値動きに織り込み済みで価格が形成されているということ。 2.トレンドの種類は3つある 相場には、上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3種類があります。トレンドが発生している状態は全体の3割、レンジが全体の7割と言われています。 3.主要トレンドは3段階からなる 先行期、追随期、利食い期の3つで構成されている。 4.平均は相互に確認されなければならない 複数の平均的なテクニカル指標を使用した時に、
両方のテクニカルで同じシグナルが見られない限り明らかなトレンドと判断できないという要素です。 5.トレンドは出来高でも確認されなければならない 出来高が高い時点で発生したトレンドは、信憑性が高い。株の場合は出来高が見れますが、FXの場合はマーケットが大きすぎるため正確には把握できません。 6.トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する。 現在、相場で発生しているトレンドは転換シグナルが現れない限り継続するということです。 これだけ言われても、初心者の方には何のことだかよく分かりませんよね? ということで分かり易く図を使って説明しますね。 f:id:passiveincome:20181228224327p:plain 上昇トレンド 上昇トレンドは高値と安値がその前の高値と安値よりも切り上がっている状態のものを指します。
f:id:passiveincome:20181228225103p:plain
下降トレンド
下降トレンドは、高値と安値がその前の高値安値より連続して切り下がっているものを指します。
f:id:passiveincome:20181228225732p:plain
レンジ
持ち合い・中立・トレンド崩壊・ボックス圏ともいい、ある一定の変動幅の範囲内で価格が上昇下降を繰り返している相場状況を指します。 今なら口座開設だけで3000円プレゼント! 今ならXMで取引を開始すればボーナスが貰えます。口座開設で3000円+入金ボーナスも高額になっています。 こちらが僕が使っている海外FXの口座です。 こちらから口座開設して合計1lotトレードしていただいた方限定で僕の手法などについて公開します。水平線を用いたトレード手法とサイクル理論を用いたトレード手法と自動売買のEAをお渡しさせていただきます。 口座開設及び合計1lotのトレードが完了した方は下のお問い合わせフォームからXMの口座IDをご連絡下さい。宜しくお願い致します。 人数を限定するかもしれないのでお早めにどうぞ。 にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替・FXランキング ポチっとボタンを押して応援お願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事