相場のトレンドをつかむために参考になるのが、「移動平均線」です。「移動平均線」とは、ある一定期間の終値の平均を結んだ線です。 移動平均線は英語でMoving Averageというので省略してMAと表記されることが多いです。 移動平均線には、短期線、中期線、長期線があり設定した日数に応じて変わります。短期線としては、5日や12日、20日など、中期線では50日や75日など、長期線としては100日や200日などが用いられることが多いです。 移動平均線は主にトレンド相場で役に立ちます。簡単にいうと、移動平均線が下向きなら下降トレンド、上向きなら上昇トレンドとみることが出来ます。また、その傾きが大きいほど強いトレンドと判断することが出来ます。 下の画像では赤い線が20MAで短期線、青い線は50MAで中期線、黒い線が100MAで長期線です。 f:id:passiveincome:20181229233103p:plain 上記の画像をご覧いただいてもわかるように、MAでローソク足が反発している箇所が多くあるのがみてとれると思います。そのようなところでトレンドの方向に向かってポジションをたてることにより、fxで利益を得ていきます。 今ならXMで取引を開始すればボーナスが貰えます。口座開設で3000円+入金ボーナスも高額になっています。 こちらが僕が使っている海外FXの口座です。 こちらから口座開設して合計1lotトレードしていただいた方限定で僕の手法などについて公開します。水平線を用いたトレード手法とサイクル理論を用いたトレード手法と自動売買のEAをお渡しさせていただきます。 口座開設及び合計1lotのトレードが完了した方は下のお問い合わせフォームからXMの口座IDをご連絡下さい。宜しくお願い致します。 人数を限定するかもしれないのでお早めにどうぞ。 最後までご覧いただきありがとうございます。 にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替・FXランキング ポチっとボタンを押して応援お願いします。 >

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事